人に・まちに・自然に
やさしい乗り物、私たちの公共交通
みんなが利用したくなる生活交通推進会議
  サイトマップ リンクについて
HOME 生活交通はなぜ必要なの? 現在の取組情報 みんなが利用したくなる生活交通推進会議について 生活交通リンク集
みんなが利用したくなる生活交通推進会議について
設置の目的会議の構成主な事業取組内容委員名簿

設置の目的
マイカーの普及等により路線バスなどの生活交通の利用者は減り続け、路線の継続が難しい地域もあります。 しかしながら、生活交通は、高齢者や児童・生徒の買物、通院、通学などをはじめ、私たちの日常生活になくてはならないものです。 生活交通を利用することは、渋滞の緩和や二酸化炭素排出量の削減など様々な利点もあり、みんなで利用し、地域の財産として守っていく必要があります。 この会議では、利用者の代表や交通事業者、行政など関係者が「生活交通の活性化」についてそれぞれの立場からできることを考え、共に行動することにより、「安全・快適・便利で環境にもやさしい生活交通」を確立し、住み良いやまぐちの実現を目指すことを目的とします。

会議の構成

交通事業者 鉄道、バス、タクシー
利用者代表 自治会、消費者団体、女性団体、高齢者団体、PTA、福祉団体
経済団体等 商工会議所、商工会、青年会議所、病院
学識経験者 山口大学
行政 運輸局、整備局、県、市長会、町村会、県警

主な事業
●生活交通の利用者の増加を図るための意識啓発
(ホームページ制作、シンポジウムの開催、キャンペーンイベントの実施など)
●生活交通の利用促進のための協働研究
(商店街などと連携したノーマイカー運動等の社会実験の実施など)

取組経緯
○平成19年11月22日 設立
○これまでの主な取組
  ・マスコットキャラクター・ロゴの作成
  ・啓発用ホームページの制作
  ・利用促進キャンペーンの実施
   (「やまぐち生活交通サポーター」登録開始、利用促進週間実施、キックオフイベント開催)
  ・マスコットキャラクターの名称募集・決定
  ・ペーパークラフトの作成
  ・バス乗り方教室の開催(H23年度実績 19箇所 延べ約2000名対象)
  ・利用促進イベント等の開催
   (設立1周年記念シンポジウム)
   (やまぐちバス博の開催)

委員名簿
平成26年4月1日
区分 団体名
利用者代表 山口県自治会連合会
山口県地域消費者団体連絡協議会
山口県連合婦人会
一般財団法人 山口県老人クラブ連合会
山口県PTA連合会
山口県社会福祉協議会
経済団体等 山口県商工会議所連合会
山口県商工会連合会
公益社団法人 日本青年会議所中国地区山口ブロック協議会
一般社団法人 山口県病院協会
学識経験者 山口大学
交通事業者 西日本旅客鉄道株式会社広島支社
錦川鉄道株式会社
防長交通株式会社
サンデン交通株式会社
船木鉄道株式会社
ブルーライン交通株式会社
宇部市交通局
岩国市交通局
いわくにバス株式会社
石見交通株式会社
中国ジェイアールバス株式会社
公益社団法人 山口県バス協会
一般社団法人 山口県タクシー協会
行政機関 中国運輸局山口運輸支局
中国地方整備局山口河川国道事務所
山口県市長会
山口県町村会
山口県警察本部
山口県

設置の目的会議の構成主な事業取組経緯委員名簿



ページトップへ戻る